スタッフブログ

2019.10.08

光や風が通る揺れに強い壁

家の耐震リフォームのひとつに、室内に新しい壁をつくる方法があります。耐震性能が足りない場合に、地震の揺れに強い耐力壁をプラスして補強を行うと、耐震性能を上げることができます。

しかし、壁で部屋が分断されてしまい、狭く感じたり、

光や風が通らなくなってしまうというデメリットがあります。

そんなときは、光や風を通す耐力壁を取り入れるとよいでしょう。

たとえば、耐力壁になる金属製の板で、全体にたくさんの穴が

あいているものがあります。これなら、採光性・通風性が

あるので解放感を残しつつ、耐震リフォームができます。

金属製のため、マグネットを使えます。穴にフックをかけて、

壁掛け収納としても活用できます。明るい間仕切りとして

インテリアのアクセントにもなります。

お問い合わせは045-370-8952健康リフォームまで

お問い合わせやご相談は
お気軽にご相談ください

無理な営業は一切いたしません。
専属の担当者があなたのご希望を丁寧にお聞きします。

お電話でのお問い合わせ

045-370-8952

受付時間 10:00〜17:00 定休日 火・水