スタッフブログ

2019.09.26

大切な家を守るための外壁の塗り替え時期の目安とサイン

Before外壁塗装の塗り替えは忘れてはならないリフォームのひとつです。

住宅の外壁は常に紫外線や雨などにさらされ、負担がかかっている

からです。定期的なメンテナンスが家を守ります。

塗膜で建物をコーティング

外壁の塗装には、建物の見た目をきれいにするだけでなく、

外壁を守る役割があります。塗料を塗ると、塗膜という膜ができ建物をコーティングします。建物に雨水などが入り込まないように保護し、紫外線や熱によるダメージから家を守ります。しかし塗膜は年数が経つと劣化が進み、本来の性能を発揮できなくなります。そのため定期的に塗り替える必要があります。外壁を塗り替える目安は、使用している塗料の種類によっても変わりますが一般的には10年ごとです。

塗り替えのサインになる症状

塗り替えが必要かどうか、まずは自分でチェックしてみましょう。

たとえば外壁のひび割れ、塗装の剥がれがないか、色あせや変色も

重要なサインです。外壁に触れると手に白い粉がつく「チョーキング」

は、塗膜そのものが劣化して起こる現象です。これらの症状があれば

早めに塗り替えを行いましょう。

塗り替えをしないとどうなる?

塗り替えをせずに外壁の劣化が進むと、雨水などが入り壁だけではなく

住宅そのものの傷みを早めてしまいます。結果的に大掛かりな補修工事

が必要となり、費用がかさむ場合もあります。適切なタイミングの

塗り替えで住まいの健康を守りましょう。

お問い合わせは045-370-8952健康リフォームまで

 

お問い合わせやご相談は
お気軽にご相談ください

無理な営業は一切いたしません。
専属の担当者があなたのご希望を丁寧にお聞きします。

お電話でのお問い合わせ

045-370-8952

受付時間 10:00〜17:00 定休日 火・水