スタッフブログ

2019.08.26

どっちを選ぶ?タンクレスとタンク式トイレ

すっきりしたデザインのタンクレスと、従来型のタンク式トイレ。

設置するならどちらがいいのでしょう?

それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

タンクレスとタンク式どこが違うの?

従来のタンク式トイレは、タンクに水を溜めて流す仕組みです。

それに対して、タンクレストイレはタンクそのものがなく、水道に直結されています。

見た目すっきりタンクレストイレ

水道直結型のタンクレストイレは、タンクに水が溜まるのを待つ

必要がなく、連続で水が流せます。また、タンク式に比べて

コンパクトなため、トイレ内を広く使えるのも魅力。

すっきりしたデザインで圧迫感がなく、従来型では手間だった

タンク下の掃除も不要です。一方で、手洗がついていないので、

別に設置する必要があります。また、水圧の低いところでは、

水の流れが悪くなったり詰まったりする場合も。

リフォームの際に水圧を測定してもらうとよいでしょう。

便座のみ交換できるタンク式

タンク式トイレは、トイレ本体と便座が別々になっているため、

便座のみの交換が可能というメリットがあります。

タンクレストイレは便器と便座が一体になっているので、

便座だけの交換ができません。便座が壊れたとき、

また機能を新しくしたいときに便利なのはタンク式トイレ

といえるでしょう。またタンク式はタンクレスよりも

価格がお手頃なのもメリットです。

お問い合わせは045-370-8952健康リフォームまで

お問い合わせやご相談は
お気軽にご相談ください

無理な営業は一切いたしません。
専属の担当者があなたのご希望を丁寧にお聞きします。

お電話でのお問い合わせ

045-370-8952

受付時間 10:00〜17:00 定休日 火・水